2人の息子が同時期に自閉症と診断。(次男は確定ではありませんが・・・) 現状を受け止め、 今後どうしていくかを考えていきたい、パパの子育て日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回のブログ、
つい熱くなってしまいました。(反省)


つづきです・・・





すると、教務主任の先生は


「お父さん、何を慌てているのですか?」と


「別に慌てていません。
 事実、感じたことを言っているだけです」


 でも、おかしい


 やたら、教頭をかばう・・・・・・・・・・





私はつい最近、市の福祉部長と子育て支援課長に
会う機会があり”学級崩壊”の話をしていました。



(参考)"自閉症児”教育の行政の考え


それと、たまたまなのですが
妻の友人のお母さんが”市議会議員”で
相談を持ちかけていました。


友人のお母さんは、子育てに関しては
かなり力をいれている方で市では有名な人なのです。


”学級崩壊”の事を妻が話すと
友人のお母さんはとても怒って


「教育委員会に訴えなさい」と言いました。


でも妻はそこまでは・・・・という思いと
「ゆーくん」が来年お世話になるかもしれない小学校ですので
おおごとにしたくなかったようです。


 


数日たち、突然友人のお母さんから電話がありました。


「私、教育委員会へ行って話しをしてきたから」


「私も頭にきて我慢できなかったの」


「え~っ」でも、他人の事を自分のことのように思ってくれる
世話好きな議員さんなのです。


話があった以上、教育委員会も
この教頭に話すでしょう。


でも、だからとって
話をなかった事にしようとはお門違いです。


 


私は
「教頭先生はみえるのですか」と聞くと


「あいにく、会議中で・・・・
でも、お父さんが教頭の言葉を
そのように受け取ってしまったならば謝ります」


まだ言うか・・・
軽くカチンときましたが


でも、こんなところでもめたって「ゆーくん」の為には決してならない。


「ゆーくんの為」、「ゆーくんの為」、「ゆーくんの為」


心の中で、三回つぶやき、冷静さをなんとかとりもどしました。


「私は今回訪問したのは、学校に文句があるとか、
 学校を否定にきたとかではありません」


「子供がしっかりと何かを学べる環境なのか、という事で伺ったのです。


ようやく、本題に入る事になったのでした・・・・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。 

 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
言うまいと思っていたのですが
私も一度だけ感情的になったことがあります。一年のときの担任はこちらが問題を投げかけても、のれんに腕押し、ぬかにくぎ・・・相談なんてできるかんじじゃなくて

三学期の終わりにめずらしく連絡帳を書いてくださったので嬉しくて読んでみると、前置きも何もなく「このままでは大変なことになるでしょう」と。

な、なに?今ごろ・・・

悔しくて悔しくて、思わず取ったのは電話でした。教育委員会に電話し泣き泣き事情を説明。その当時は診断も受けておらず支援法もできたばかりだったので、直接学校にかけこんでも、らちがあかないと勝手に思い込んでいた私は、それしか方法がおもいうかびませんでした。

親が一人で騒いでる・・・とか、思われてんだろうな。なんてふさぎ込むことも

でもね、時に感情的にならないとこちらの想いはつたわらないんだもの。

先生の言葉ひとつで一喜一憂してはいけないけど、いい方ひとつで受け取る側だって傷つくってことを知って欲しいですよね。

でも、安心してください。

二年になると、席を先生の近くにしてもらったり、クラスで重要な時計読み係りにしてもらうなど、クラスでの存在価値を高めてもらう配慮をしていただきました。(子供は、とくに低学年の子は残酷なことにできない子を馬鹿にする傾向あり)

おまけに、学級こんだん会のお母さま方の前で先生に勇気を出して「こういう特徴がありますが、クラスのみんなに迷惑をかけていないでしょうか?」と問い掛けたところ、逆にみんなのためになっている・・・周りに思いやる気持ちができている・・・と、言っていただきました。

ようは学級崩壊どころか、クラスがまとまってきているといわれたようなもの。

今度は嬉しくて泣けてきそうでした。

一時、掛け算の進み具合が悪い時期に
うちの子のせいにされたことがありましたがv-156もちろん保護者から。

先生との信頼関係で乗り切ることができました。

子供を人質にとられている様な気がして、なかなか思ったことを言えないものですが、感謝の気持ちを忘れずに先生に接していけばきっとわいえいさんの想い
は伝わりますよ!

わいえいさんのひたむきさに脱帽です


2007/06/25(月) 20:20 | URL | ともぞう #-[ 編集]
ともぞうさん、こんにちは!
いつもコメントありがとう!!

ともぞうさんも辛い思いをされたのですね。

でも悔しい思いをして、教育委員会に電話したり、
学校サイドと納得いくまで話されたりして
今があるのですね。

私も後で思えば、感情にまかせて言いすぎの部分もあったかもしてません。

でもともぞうさん同様
子供の事を思えばこそ、思う気持ちは同じですよね。

”学校崩壊どころかクラスがまとまってきている”という言葉を聞き、救われる思いです。

私の場合、子供の学校生活はスタートもしていません。

自閉症の事を理解して、子供が学べる環境をとっていただき
ともぞうさんのように
先生と信頼関係をきずき
健やかに成長してもらいたいものです。
2007/06/26(火) 15:50 | URL | わいえい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する\
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sarubobodoll.blog23.fc2.com/tb.php/40-014e730e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
シリーズを買い揃えます。ちょっと高いのは仕方が無いか。とても分かりやすく、アスペルガーについて何も知らない人に理解してもらうには最適です。二冊買って一冊は自分用、もう一冊は人に貸し出し用にしました。発達障害について場合わけでわかりやすく描かれています。入
2007/07/23(月) 12:36:01 | 教育・福祉の厳選紹介
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。