2人の息子が同時期に自閉症と診断。(次男は確定ではありませんが・・・) 現状を受け止め、 今後どうしていくかを考えていきたい、パパの子育て日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄「ゆーくん」が
療育を始めて3ケ月たちました。


週に病院での言語療育が1回
自治体の療育施設が1回と
一週間に二回、療育の為施設に通います。


病院での言語療育は、
今の段階では
「○○が○○を○○した。」などの
助詞の使い方や
絵カードをみて
文章で表現する事を主にしています。


療育施設では
主にコミニケーション(人とのやりとりなど)や
運動を中心に行っています。



まだ、三ヶ月しかたっていませんが
大きく変わった事があります------------




「ゆーくん」の自閉症の特徴で
自閉症の診断の決め手となったのが


 ・対人関係が苦手(協調性が無い)


 ・多動性が強い


大きく分けると、この二つです。


協調性が無いというのは


言うことを聞かない、すぐ手がでてしまう、
失礼な事を言う、なれなれしい、


もろもろ含みます・・・・



「ゆーくん」の場合
家ではそれほどでも無いのですが
保育園など、多人数の場所になると


”目からの刺激が入りやすい”


為、とても敏感になってしまうのです。



今まで、私達が一番心配をしていたのが
人に迷惑をかける事です。


「ゆーくん」は体が大きく
力だけは人一倍ある為、
お友達に大きいケガをさせる事も
多かったのです。


保育園の先生方も理解して
接してくれたのもあると思いますが
こういったトラブルが本当に少なくなりました。



又、多動性も随分和らいできました。


保育園へは
毎日、私が車を運転して登園しているのですが、
以前は玄関まで入るのがひと苦労・・・・


叫びながら園庭をぐるぐるしないと
玄関に入らない


園庭や玄関でねそべって
なかなか入ろうとしないなど
朝からとても大変でした。


最近はこれが無くなり
本当に楽になりました。


これも療育や先生方のおかげだと
感謝しています。


これだけでも
私達の精神的負担も楽になりました。




まだまだ
言葉の遅れや
コミニケーションがとれず
失礼な事を言ったり、
暴言をはいたり
冷や汗をかく事も多いのですが


効果は目に見えてあります。


今は療育施設にも
喜んで行っています。


これからも
だまし、だまし?で
続けてもらいたいものです。


  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。 


 



  人気blogランキングへ

スポンサーサイト

現在、市の療育機関で
同じ自閉症のお友達と二人で療育をしています。


これはコミニケーション能力を養うといった意味もあります。


お友達の「Kくん」も多動性が強いタイプで「ゆーくん」に似ています。



先日「ゆーくん」と「Kくん」、療育の先生2名と合計4名で
”かくれんぼ”をした時のことです。
 


最初、先生がオニになってもうひとりの先生、「ゆーくん」、「Kくん」が隠れるのですが


先生が「どこにいるのかなぁ~」と探し始めたとたん・・


「ゆーくん」「Kくん」が 「ここに、いるよ~~♪」


というではないですか。


先生は「かくれんぼにならないよ~ もう一度ね。 はい隠れて~」


すると「ゆーくん」と「Kくん」は必死になってかくれます。


先生「どこにかくれてるのかなぁ~」と一言


二人とも、「ここだよ~~♪」と答えてしまします。


やっぱり、かくれんぼになりません・・・・・・・




今度は変わって「ゆーくん」がオニです。


「もういいかい~」と言いながら
皆がかくれるのを直視しています。


「目を開けてちゃだめだよ!」と先生


「ゆーくん」もういいか~い     「ま~だだよ」


「ゆーくん」もういいか~い     「もういいうよ~」


ちゃんと目をつぶっています。
先生の言うことが聞けるようになりました。


「ゆーくん」必死で探しています。


「ここかな~♪ どこかな~♪」
本当に楽しそうです


なんとか全員見つける事ができました。


今度は「Kくん」がオニです。


最初に「ゆーくん」がみつかりました。


「Kくん」も必死に残り二人の先生を探そうとしたとき・・・


「ゆーくん」が「”ここ”と”ここ”にいるよ♪」
あっさり言ってしまうのです。


私は大笑いしました。
これではとてもかくれんぼになりません。


でも、こんな正直すぎる?自閉症児が大好きです!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。 

 人気blogランキングへ


いつも「ゆーくん」の言葉には、はらはらします。


話の合間に


 「はい、はい、おじさん」
 「はい、はい、おばさん」


と、誰でもかまわず一言余計な事を言います。


めんどうな事やちょっと気に入らない事があると


 「じじい」「ばばあ」 はもとより


 「ぶさいく」「うんこタレ」「ケチ男」


わけの分からない言葉


 「ぶたまんじゅう」 etc・・・・


これも、誰でもかまわず言います。
とにかく口が悪いのです。


これってコミニケーションが苦手という事になるのかな
それとも、育て方に問題があるのかも、と思ってしまいます。



 



先週から病院での言語療育の先生から


「言語については、ある程度できるようになりましたので、コミニケーションの能力を高めるということで、もうひと方の発達障害のお子さんと一緒にやってみませんか?」
と言われ了承しました。


同じ年の年長さんです。
最初に会った感想は、あいさつもできるし、軽度発達障害なのかなと思っていました。


ところが、対面した部屋をでますと、体をリハビリしていた方に


 「口がまがって、変な顔」「気持ち悪い顔」


など、次々と言い始めました。


 この病院の言語療育はリハビリ室で行っており、言語はもちろんですが身体のリハビリの方まで幅広い年齢の方が利用しています。


一緒に来ていたお母さんが止めにはいりました。
悪気はないのですが、思ったことがすぐ口にでてしまうようです。


私は他人のお子さんですが、背筋が凍りました。
「ゆーくん」よりウワテがいた・・


口が悪いのは育て方ではなく、きっと障害のせいなんだと確信しました


そのお子さんは一年ちかく療育に通っていて、言語については支障がなくなったそうです。


わが道をいくタイプで多動性もあります。「ゆーくん」にとても似ています。


一人より二人、楽しく療育してもらいたいものです。







    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。


 人気blogランキングへ


 

 病院にて週一回の言語療育の日です。


音に敏感な「ゆーくん」は前回の金属音がいやらしく、待合所で落ち着きがありません。


今日は絵を使っての言語訓練です。
先生が8種類の絵を机の上に置いています。

先生「黄色いぼうしはどれ?」「黄色いくつはどれ?」「青いくつはどれ?」
「ゆーくん」は指をさして答えます。全部できました。


集中力がきれた「ゆーくん」には”ご存知「黒ひげゲーム」”(昔やりました!おもちゃの刀を樽に刺していき、当たると黒ひげがとびだすの)で、絵カードができたら遊ぶよ!という事で
しぶしぶ納得してくれました。


又8種類の絵がでてきました。
先生「大きい黄色いぼうしはどれ?」「小さい黄色いぼうしはどれ?」
「ゆーくん」は3単語も理解できました。


今度は逆に先生が絵をさして「ゆーくん」が答えます。
    先生「これは何?」 
  ゆーくん「黄色いぼうし」
    先生「これは?」
  ゆーくん「青いくつ」


つづいて大小の2種類の絵がでてきました。
    先生「これは何?」
  ゆーくん「黄色いぼうし」
    先生「大きさは?」
  ゆーくん「大きい」
    先生「つづけて言うと?」
  ゆーくん「大きい黄色いぼうし」


    先生「これは?」
  ゆーくん「青いくつ」
    先生「大きさは?」
  ゆーくん「小さい」
    先生「つづけて言うと?」
  ゆーくん「小さい青いくつ」


三単語は少し難しいようです。


つづいて8枚の絵がでてきました。
「犬がパンダを洗っているのはどれ?」 できました。
「犬をパンダが洗っているのはどれ?」 う~ん
この問題はかなり間違えました。
助詞が変わると難しいようです。


先生「つづいてこれは何をしているのかな?」


ゆーくん「・・・めんどくせぇ~ババァ」


何てことを、冷や汗でました。


全体的に「ゆーくん」は私が思っていた以上にでき、少しほっとしたのでした。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←はげみになります。よろしくです。


 人気blogランキングへ

 「ゆーくん」が苦手とするもののひとつに「言葉の理解、コミニケーション」があります。
これは自閉症の特徴だといえますが



「ゆーくん」の場合、保育園のお友達とコミニケーションをとることができず、”手が出てしまった”という事も今までしばしばありました。


言語は環境や訓練である程度改善できます。と、医師に指摘を受けていました。
小学校にあがるまでには、何とか言葉で意思疎通ができればと思っていましたが、私達は共働きの為、家での療育にも限度があります。
ですので、週に1回病院にて言語療育を受ける事にしました。


この病院は「ゆーくん」が生まれたところで、「ゆーくん」も何回か今まで来ています。
まず、リハビリテーション室へ向かいました。


薄暗く、「何か独特の雰囲気がするな」と思いました。


すると「ガシャン、ガシャン」と金属音が
音に敏感な「ゆーくん」は耳をふさぎ


「いや、いや、帰るーーーーー!」でも何とかなだめ、


中に入ると年配の方ばかりで少し驚きました。リハビリテーション室ですので、体のリハビリから言葉のリハビリまで色々な方がいるのでしょう。


でも、「ゆーくん」落ち着いてできるだろうか?




奥に個室があり簡単な面談をした後、ご存知”ぐらぐらゲーム”
(昔、やりました。5段の不安定な塔に5色の人形を乗せていくバランスゲーム)


「ゆーくん」は割と器用に乗せています。



次に”ぶんカード”で、これは家でも良くやっていて全部できました。
終わると”ぐらぐらゲーム”が気に入ったようで、またやろうと5回付き合いました。
割と集中できるようです。
こうして、約1時間過ぎました。


帰り際に「ゆーくん」が膝のリハビリをしているお年寄りに、


「何やってるのーーー、足いたいのーーーー」と声をかけ、笑い声が起きアットホームな雰囲気です。


これなら、「ゆーくん」も週1回、がんばれるかも。


私達はあせらず、見守っていこうと決めたのでした。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←はげみになります。よろしくです。

 人気blogランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。