2人の息子が同時期に自閉症と診断。(次男は確定ではありませんが・・・) 現状を受け止め、 今後どうしていくかを考えていきたい、パパの子育て日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回、自閉症児へのいじめについて
多くのコメントをいただき
ありがとうございます。


これまで、いじめについて
あまり関心のなかった私も
皆さんの切実な思いを聞き
考えさせられました・・・


先生の目の届かないところでの
障害児へのいじめ・・・


胸が張り裂けそうな思いです。


でも、これが現実・・・・・・・なのです。







「もし、うちの子がいじめられたら・・・・」


まずは
子供の異変に気付くこと


「助けて!」のシグナルに気付くこと


自閉症児の場合、難しいですが
いち早く気付くには
やはり学校側との関係も密接にしていく
必要もありますよね。



いじめの現状を受け止め
そして子供と一緒に乗り越える・・・・・・


皆さんからいただいたコメントで
私が思ったことです。






もうひとつ重要な事は
「ゆーくん」の場合
いじめてしまう可能性も
否定できない事です。


今でこそ落ち着いていますが


療育前は
手がでる、失礼なことを言う
とても心配していました。


「相手の気持ちに立ち難い子は、
 悪気が無く
 いじめる側にたちやすい」


と、前回コメントをいただきました。


この文章を読んだとき、私は


「のび太・ジャイアン症候群」


という言葉を思い出しました。




ADHD(注意欠陥・多動性障害)などにも
例えとして使われます。


のび太タイプ・ジャイアンタイプと分かれるらしいが、


ジャイアンは言わずとしれた
”お前のものはオレのもの、オレのものはオレのもの”
のドラえもんのキャラクター・・


のび太はジャイアンの逆の性格で
いじめられっこ・・


「ゆーくん」は広汎性発達障害ですが
多動性・衝動性も強く
ジャイアンタイプにも
あてはまります。


でも、理由はどうあれ
いじめる側にたつというのは
絶対に避けなければいけません。


やはり親として
学校側との関係を
密にしておく必要があります。





いじめられる事も
親としてとても心配です・・・


ただ、悪気が無いが
いじめてしまう可能性も
ないわけではないという事も
肝にめいじて、おかなければいけませんね。







  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。 



  人気blogランキングへ

スポンサーサイト

二才の弟「ひろくん」は
アンパンマンにとても執着しています。


保育園から帰ってくると
必ず18:00から始まる
かかさず、BSアンパンマンを見ます


私達がBSアンパンマンを
入れ忘れていると
得意のかんしゃく攻撃が始まります。



保育園の玄関で
お友達のくつにアンパンマンの
キャラクターがついていると


「アンパンマン!」


と指差します。


もちろん、お友達の服やズボンにも
小さくワンポイントで
アンパンマンの顔があっても


「アンパンマン!」


と必ず言います。


とにかく「ひろくん」の
アンパンマンチェックは厳しいのです・・・・


 




スーパーに行った時です。
突然、


「アンパンマン!」と言うのです。


私達が
「え~どこ、どこ」と
探すのですが,分からないでいると
ひろくんの「アンパンマン!」と言う声が
きつくなるってきます。


よくよく、探しだすと
ふりかけのキャラクターが
アンパンマンだったり、


ホームセンターでも
突然「アンパンマン!」と言うのですが
私達は分からなくて


「どこ~、どこ~」
と聞くのですが


私達が見つけるまで
教えてくれません


「ひろくん」は、またまた
「アンパンマン!」「アンパンマン!」と
だんだん言い方がきつくなります。


机の隅に小さくアンパンマンの顔が
あるだけなのですが
見逃さないのです・・・・・


ある意味、特技ですよね~


この「ひろくん」のアンパンマン好きを利用して
アンパンマンのひらがなビデオで
ひらがなを覚えさせています。




    (参考までに・・)
         ↓
 
それいけ!アンパンマンのひらがなあそび (はじめてのあいうえお)


これがまたヒットで
ひらがなも半分以上読めるようになりました。


でも・・・・


このアンパンマンへのこだわりも
自閉症の特徴なのでしょうね。


  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。 



  人気blogランキングへ

(次回からの続きです・・・)


翌朝、蒸し暑さで目が覚めました。


「山形ってこんなに暑いのか・・」


(日本最高気温って
   山形の40.8度って知ってます?)


いくら東北でも山に囲まれた盆地なので
夏はとても暑いのです。




「ゆーくん」は特有の人なつっこさ
(なれなれしいとも言う)で
本家の奥さんやおばあちゃんにべったり
(なぜか女性だけ・・・)


弟「ひろくん」はあいかわらず多動でーす。





私達は本家をあとにし、私の両親の希望する
山形市で行われる
花笠まつりの会場へ向ったのでした。


お祭りは夜からなので
とりあえず駅周辺で
昼食をすることとなったのでした・・・



駅に到着すると
花笠音頭が流れてきました。


近くに行ってみると
駅の構内で輪になって花笠踊りをしています。


200708051159001.jpg 
   ↑縦で見難くてすいません。




「やってる、やってる」


近くに行こうとすると
「ゆーくん」が


「いや~、いや~」


と涙を流して言うのです・・・


「やっぱり、ダメか~」


「ゆーくん」は大きい音がとても苦手なのです。
私達はその場から離れました。


私は両親に
「気持ちは分かるけど・・・
 やっぱり祭りはダメみたい・・・・」


と話すと分かってくれました。





予定を変更して
山形にある”蔵王”に向いました。


ロープウェイに乗ることになりましたが
これには子供たちは大喜びです。


ロープウェイに乗ると
多動爆発の二人でしたが
いざ動くと高さにビビリ気味で
おとなしくなりました(笑)


山頂につくと
今度は弟「ひろくん」が泣き叫ぶのです。
理由は分かりません。


山頂付近は涼しく、
散策でもと思っていたのですが・・・・
しかたありません。
すぐ次のロープウェイで引き返しました。


その日は山形で一番古いとされる
蔵王温泉に宿泊しました。


硫黄泉でお肌ツルツルです。




翌日は朝から山形へ来た道を
引き返して帰ります。


子供たちはぐったり、爆睡です。
(私はこの方が運転しやすいのでラッキーです)


子供達はまた旅行へ行きたいと言っています。


とても疲れましたが
やっぱり家族皆で行く旅行はいいですね


良い思い出ができました。





 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。 



  人気blogランキングへ

(前回からの続きです)


新潟中越地震の被災地をあとにし
山形へと向いました。


出発から八時間も経過し
車内の中にいる子供たちも
かなり飽きがきています。


最初に弟「ひろくん」のかんしゃくが
出始めてきました。


車内では自由が利かない為
無理もありません。


一時間に一回は休憩を入れ
山形の父の実家に到着したのは夕方でした。



自閉症の特徴のひとつとして


”新しい場所や環境が苦手”


とありますが
私たちの子供にはそれがないので救いです。


久々に会った本家の方々とあいさつをした後
子供たちと仏壇の前にすわり手を合わせました。


子供達はそわそわしています。


仏壇の前に座ったと思ったら
お供えのごはんを食べようとします(笑)


食べちゃだめだって・・
これでは墓参りも思いやられます。



お寺に向い、多くの墓石を見た子供たちは
初めて見るその光景に
テンションがあがっていました。


二人とも同じに走り出したのです・・


「ダメーーー」


といったのもつかの間
弟「ひろくん」がつまづき
転んで大泣きです。


子供たちをなだめ
なんとかご先祖様のお墓の前に立ちました。


お花をさし、お線香に火をつけ
感慨深く手を合わせました。


でも、子供たちは
いい子にしているはずも無く
花をかまったり
下にある砂利を投げて遊ぶといった始末・・


私は早々に心の中で


 「ご先祖様、ご無沙汰しております。」


 「どうか、私たち家族をお守り下さい。」


 「子供たちが健やかに育ちますよう・・・・・」


と、唱えました。


子供たちに手を合わせるよう
言いましたが聞きもしません。


「はぁ~無理ないか・・」


イタヅラしないよう注意しましたが
見るものが初めて
すべて興味津々なのです。


私たちは足早にお寺をあとにしました。


 


父の実家で食事にお酒をいただいたのですが
運転と子供たちの世話疲れで
その場で寝てしまったのでした・・・


(スイマセン、次回つづきます)



 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。 



  人気blogランキングへ

「ゆーくん」は生まれてから
本当に手のかかる子供でした。


生まれてからは
理由が分からない、
激しい夜泣きとかんしゃく


歩けるようになると
糸の切れた凧のような多動性
とにかく物をやたら投げる


保育園に行くようになると
ルールを守れない
失礼なことを言う
友達にケガをさせる・・・・・・etc


弟「ひろくん」もまた
落ち着き無い多動性
かんしゃく・物投げ・こだわり


家にいても気が休まることはありません
(唯一二人が寝ている時だけです)


妻も
子供のこと、将来のことで
ノイローゼになったり・・・・・


そういった状況のもと
いやおうなく育児をしてきました。
(育児がいやという意味ではありません)


自分でも
「俺って、結構育児がんばっているよな~」
 なんて思うときもあります。


前回のブログで
父親の役割について少しふれましたが


私も昔から子供が”好きで好きで”とか
育児に興味があったわけではありません。


(子供が生まれてから育児については
  妻にうまくコントロールされている感はあります ^^)


でも最初はいやおうなく
育児に参加していましたが
やはり自分の子供
かわいさはとてもあります。


子供が自閉症と分かってからも
とまどいや
自閉症を受け入れられない
自分があったり
しましたが


障害がある自分の子供が
いとしくてしかたありませんでした。


ネットで自閉症を検索しているうちに
皆さんのブログを見つけ
私も子供の成長と自分の思いを
記録できたら・・・・・


と思いブログを始めました。


 


二人の自閉症児の育児はとても大変です


気づかれもしますし
身体も疲れます。


でも妻と二人の子供達と
家族、力をあわせて
困難を乗り越える・・・・・


なんともいえない


”達成感”


を、とても感じている、


今日、このごろなのです。




 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。 



  人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。