2人の息子が同時期に自閉症と診断。(次男は確定ではありませんが・・・) 現状を受け止め、 今後どうしていくかを考えていきたい、パパの子育て日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回よりお読みください。



私はこの夏祭りで
弟「ひろくん」のすごい多動性を見て
間違い無く”自閉症”だと感じています。


3月に自閉症の疑いがかかってから
妻の意向でしばらく様子を見ると
いうことになっていましたが


それから自閉症とみられる行動が
とても目に付いていました。


兄「ゆーくん」は自閉症の診断を受けていて
私たちは自閉症の知識もある為
余計にそう思うかもしれません。


「ひろくん」に自閉症の疑いがかかった時
保健士さんに


「専門医に診てもらっては」


と言われました。
でも、妻は


「子供はまだ二才です。
 来年度から保育園にも行きますので
 様子をみさせてください」


と診察を拒みました。


兄「ゆーくん」が自閉症の診断を受けた
翌日の話です。


弟の「ひろくん」までも自閉症だなんて
診察を拒んでも無理もないはなしだと思います。



あれから5ケ月・・・・・


今まで妻に診断してはと
何回か相談しました。


妻もあたまでは
多分”自閉症だろう”と思っています。


でも、違ってほしいという気持ちも持っています。
それは私も同じです。


早期発見、早期療育がいいのも分かっています。


妻も子供の事でノイローゼになったり
体調をくづしてしまったりしています。


ですので強引な事も避けたいのです。


どうしたらいいものだろう。
でも近い将来、診断を受けなくては・・・・・・



そんな事を考えながら
子供たちのゲームの相手をしていました。


弟の「ひろくん」は動きすぎて
眠くなったようで先に帰りました。




そんなこんなで最後の花火大会になりました。


この保育園の花火大会は独特で
三メートルくらいの長さの板に10ヶ程花火をくっつけ
その花火を間髪いれず
10組連続で点火するという


無謀にも毎年恒例となっているのです。


三メートルの板は地上からニメートルくらいの高さの台に
一回づつ乗せる為、10回連続でもちあげなければいけません


他のおとうさんの役員とあわせて3人で点火します。


ですので1人に付き3ヶ以上は点火するので
先につけた花火の火のこはかぶってしまうのです。


「あち~ぃ~、あち~ぃ~」


周りの皆さんから笑い声が聞こえます。
でもやっている本人は必死です。


無我夢中のなか、なんとか終了しました。
本当に大変なのです・・・・・・・


でも花火をみていた保護者から


「もうちょっと離れてやれ」だの


「上の電線があぶない」だの


「導火線で全部つなげれば、火をつけるのは1回ですむ」だの
(まてよ。そのとおり、来年採用!)


人の気も知らないで・・・・・


心の中で叫んでいた私でした。


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。 



  人気blogランキングへ

スポンサーサイト

保育園の行事で、
夏、最大イベント夏まつりがありました。


私は保護者会の会長をしており
色々お手伝いなどしなくてはいけません。


お手伝いといっても当日のみ
段取なんかはほとんど先生方がしてくれるので
本当にありがたいです。


でも当日は昼から
会場を準備したり、投光機をつけたり
クライマックスの花火をセットしたりと
結構することはあるのです。





会場の準備もほとんど終わり
食べ物のバザーの準備をしていると
保育園にも多くの子供連れが集まってきました。


周りも暗くなり、いよいよ開始です。
始まりのあいさつは私の役です。


「え~、保護者の皆さん、ご苦労様です」


「日頃は保護者会行事にご理解、
ご協力頂きありがとうございます~。」


 ざわざわ   


 誰も聞いておりません。


「え~、最後になりますが
 夜の行事です。
 くれぐれもお子さんから目を離さぬよう
 夜のひとときを楽しんでください」


 ざわざわ


 何の反応なし


まぁ、あいさつなんてこんなもんでしょう


園長先生一人だけは
上手上手といいたげな拍手をしてくれました。
(うれしくありませんが・・・・)



子供たちはまだかまだかと待ちきれない様子です。


不要品バザー、食べ物のバザー、遊びコーナーなどあり
最後に花火大会で終了の予定です。


私は遊びコーナのシュートゲームと最後の花火大会の担当です。


シュートゲームは
6ケのかごに景品の名前が書いてあり
かごにボールがはいればその景品がゲットできるゲームです。


 


私たちの子供もこの夏祭りをとても楽しみにしていまして
少し遅れてやってきました。


妻一人ではとても大変なので
おばあちゃんにもお願いして来ていただきました。


「ゆーくん」は比較的落ち着いています。


弟「ひろくん」はちょっと顔が違います。


”超ハイテンション”


人の多さに興奮気味です・・・・・まずい


案の定、手を離せとあばれています。


「ゆーくん」も2階のバザーに行くといってききません。


おばあちゃんに「ひろくん」をみてもらっていましたが
つないでいた手を振りほどき
どこかへ行こうとします。


おばあちゃんですので
「ひろくん」の突然の行動に反応できません。


私が走って「ひろくん」を連れてきます。


また少したつと
おばあちゃんの手を振りほどき
どこかへ行こうとします。


私はゲームを担当しながら
10回はつれもどしたでしょうか・・・・


本当にもう、くたくたでした・・・・・・。
(次回つづきます)


 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。 



  人気blogランキングへ

「もう、保育園のお迎えに行きたくない!!」


妻が急に泣きながら言いました。



保育園には朝の送りは私、迎えは妻がしています。


最近の話ですが、妻が保育園に迎えに行った時に同じ年長組の女の子の"Oちゃん”のお母さんに呼び止められたそうです。


「実は、言おうか言わまいか迷ったんだけど・・・・」


「前に”Oちゃん”が目から血を出して、お岩さんみたいに腫れて帰ってきたんだけど、
先生は保育園の不注意でお友達に叩かれてしまって申し訳ございませんしか言わず・・」


「あとで”Oちゃん”に聞いたら「ゆーくん」になぐられたって言うし・・」


「でも、ゆーくんの事で悩んでいたの知っていたいたから、言うべきか悩んだんだけど・・」


こちらのお母さんは、私が皆さんの前で”カミングアウト”したときに出席していたお母さんでした。


保育園では保護者同士のトラブルを避けるためだと思いますが、園でのトラブルについては相手方の名前を絶対言いません。


当然、今の事については全く私達は知らなかったのです。


 


妻はこのことで心配になり、「他に叩いた、お友達いるの」と聞くと


ゆーくん「”Sちゃん”にパンチしてケガさせた」と言うではないですか




後日、保護者の方に聞くとやはりご存知でした。


それも、また女の子・・・


目の辺りを腫らせて帰ってきたそうです。


こちらの保護者の方は「子供どうしの事だから・・・・」と言ってくれましたが、知ってしまった以上、妻は誠心誠意謝りました。


3月に診断されて、加配の先生がついてかなり落ち着いてきたと思っていたのに
先日、お友達の水筒を投げて割ってしまってから
(*参照 久々のトラブル発生)
次々のトラブル発覚・・・・・・・・


保育園にお迎えに行くとき、他のお迎えにきている保護者の方の顔を見ることができない


何か知らないところでトラブルをおこしていて、ケガや迷惑をかけているのではないか・・・


そう思うと顔を上げることすらできない


下ばかり向いて足早に去ってしまうと・・・・・・


 


今、


「ゆーくん」の学校選択についての悩みと


二歳の弟の「ひろくん」のこだわりとかんしゃくが強くなってきていて、家でも気が休まらない・・


 


そんななかで妻は少しノイローゼ気味になっています。


私は会社に事情をはなし、残業をなしにしてもらい保育園のお迎えも行くことにしました。


妻の気持ちはとてもよく分かります。


二人でなんとか乗り越えたい・・・・・・


ここは踏ん張りどころです。。。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。 

 人気blogランキングへ


 




保育園に子供達を迎えにいった時のことです。
担任の先生に呼び止められました。


 「ゆーくんが、お友達の水筒をなげてこわしてしまいました。」


6月から水分補給の為、毎日水筒持参になりました。
先生も「ゆーくん」が水筒を投げたきっかけは分からないようです。


 「ゆーくん」のとなりに置いてあった、M君の水筒をなげてしまいました。
 私が見ていたのですが、すいませんでした。


私は
 「ゆーくん」の行動は突発的なので、防ぎようがないですよ。全く悪くないですよ、と話しました。


3月に発達障害と診断されてからは、初めての大きいトラブルです。
加配の先生についていただいて、最近は落ち着いていたのですが・・・


 「ゆーくん、どうしてM君の水筒なげたのかなぁ~」と聞くと


 「ぼくねぇ~、隣のねぇ~、水筒ねぇ~、投げたの。」
いつものごとく、理由(気持ち)ではなく、自分がした行動しかいえません。


とにかく、保護者の方にお詫びをしなくては・・・・


 以前から「ゆーくん」はトラブルを起こしていましたが、そのときよりも正直、気が楽でした。


それは、「ゆーくん」の発達障害の事を、保護者の皆さんに”カミングアウト”していたからです。


以前はトラブルを起こしたあと、保護者の方に謝っても


  「あんたのしつけが悪いんじゃないの~」


と、”ビンビン”伝わってくる方が多かったのですが、


今回は、「親のしつけではなく、障害だから・・・・しかたがない」的に受けとめてくれるんじゃないかと思っています。


だからといって、何もしないわけではありません。もちろん、誠意を持ってあやまります。


「ゆーくん」に障害があっても、相手のお子さんには、自分の大切な水筒を壊されて、悲しい思いをしているのですから・・・・・


保護者の方も最初は”ムッ”としていましたが(障害の事は知らなかったようです)、障害の事をはなし、最後は子供どおしのことですのでと、理解して許していただけました。(多分・・・)


「ゆーくん」にも
 自分の水筒も投げて壊れたら、お茶飲めなくなっちゃうよ!!
 もうしないよね~、と話しました。


今まで何度もトラブルをおこしていますが、私は


 ・悪いことは悪いと伝える
 ・一方的に責めない


以上の事を気をつけています。でも分かってくれたでしょうか?


次の日、先生の日記に「ゆーくん」がガラス瓶を扱うみたいに、”そぉーと、そぉーと”と水筒を置いていましたよ、と書いてありました。(笑)



    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ   FC2ブログランキング
 ↑はげみになります。よろしくです。


 人気blogランキングへ


 

 妻と担任の先生の間で毎日の様子や出来事を日記でやりとりしています。


担任の先生は加配の先生を入れて3人いますが
今日のコメントは「ゆーくん」お気に入りの”K先生”。
「ゆーくん」が入園した時からみえる先生で未満児の時の担任でした。
それが、”ゴマキ”似のかわいい先生なのです。


「ゆーくん」も隅におけなません


妻が「今日の日記はおもしろい事?書いてあるよ」と言うので読んでみました。


どうも「ゆーくん」がトイレに行きたかったようで、
「先生トイレ~~」と言ったのですが

先生も忙しかったらしく
「ちょっとまってて~」と待たせたようです。


どうも「ゆーくん」は”うんち”のようで


「もれるじゃんかよーーーーー」と


なみだを流して、訴えたようで”パニック”をおこしてしまいました。


”うんち”はもらさなかったようですが、先生のコメントが


「ちゃんと要望を聞いてあげれなく、反省しました」とありました。


なんと・・・・反省なんて・・・・逆に申し訳なく思いました。


私は昨年から保護舎会の役員をしており保育園へ出入りする事が多く先生方の大変さ、気遣いがよくわかります。


以前は”パニック”をおこすと1日ひきづってしまい、何もできなくなりダメでした。


この日は、少したつと落ち着きを取り戻したようです。
先生方には本当に感謝しています。





  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←はげみになります。よろしくです。


 人気blogランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。