2人の息子が同時期に自閉症と診断。(次男は確定ではありませんが・・・) 現状を受け止め、 今後どうしていくかを考えていきたい、パパの子育て日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心配だった私はこの日も会社を休み、妻と「ひろくん」とで二歳児検診へ向かったのでした。


保健センターにつき、待合所でたくさんの人を見た瞬間、「糸のきれた凧状態」が始まりました。何度言い聞かせても落ち着きません。


そうこうしていると、最初に歯の検診が始まり2人づつ部屋に入りました。保健士さんが一人ついてくださり指導が始まりました。


すると、落ち着き始め妻にだっこされ、上手にうがいもしてくれました。


やれやれ、やっと私たちも安心しました。


ところが、食育についての指導で部屋に7組の親子が入り始まった時、また席にじっとしている事ができなくなり、しまいにはテーブルの上によじのぼり、ごにゃごにゃ話だしました。


それから「身体測定」「遊び・運動についての検診」と終りましたが、終始落ち着きがありませんでした。普段よりかなり興奮していた様に見えました。


最後に保険士さんとの面談で、積木を重ねる事については全部でき一安心。


言葉についても少し遅れはあるものの様子をみる事になりました。


ただ最後に・・・・


「落ち着きのなさ、自分勝手な行動が目立ちます。」


「二歳になれば親の言うことも聞くようになります。」


よろしければ・・・・


「療育機関で検査をなさっては・・・・・・・」 


やっぱり・・・・・・・・・・・・


 (でも、そんなにはっきり言わなくても・・・・・・・・


昨日「ゆーくん」が広汎性発達障害と診断されたばかりなのに・・・・


私が「わかりました」と言おうとした瞬間ーーーーーーーー


妻が、


  「来月から保育園に行くようになりますので、もう少し様子を見せてください」と・・・


やはり妻もこの「ひろくん」の現状を受け入れるには、少し抵抗があったのでした・・・・



 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←はげみになります。よろしくです。


 


スポンサーサイト

長男の「ゆーくん」には2才になったばかりの「ひろくん」という弟がいます。


この「ひろくん」に関しては、私達の自閉症の知識が深くなるにつれ、とても心配をしておりました。


なぜかというと「自閉症の特徴」という行動が、目立つようになってきたからです。


具体的には・・・


 ・かんしゃくが多い⇒怒るとすぐ物を投げる。


 ・多動性が強い⇒スーパーなどで糸の切れた凧同様、どこかへ行ってしまう。


 ・ミニカーをきれいに並べる⇒ちょっとでもさわったり、ずれたりするとかんしゃくをおこす。


 ・くるくるまわる⇒「ゆーくん」がまわると「ひろくん」もまわります。


長男の「ゆーくん」は、今思えば年中さんになった秋ぐらいから自閉症と思われる行動があったのですが、「ひろくん」もまた、今年に入ったぐらいからこうした行動がでてきました。


でも、私達のあいだでは「ひろくんはまだ2才になったばかりだから、もう少し様子を見てみよう」ということにしています。


なぜなら・・・・


「ゆーくん」が自閉症かもしれないという診断を受けてから間もない為、「ひろ君」の事を受け入れる気持ちの余裕がなかったのです。


(できれば違って欲しいという気持ちが強いです)


「ゆーくん」が広汎性発達障害と診断を受けた翌日「ひろ君」の二歳児検診があったのでした。


       



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←はげみになります。よろしくです。

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。