2人の息子が同時期に自閉症と診断。(次男は確定ではありませんが・・・) 現状を受け止め、 今後どうしていくかを考えていきたい、パパの子育て日記です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の日、会社を休み市の機関へ相談に行きました。


これまでの経緯を話し、改めて医療機関で検査をすることになりました。


検査当日、療育の先生がゆーくんの遊ぶ姿を観察し、一緒に遊び、最後に知能テストがありました。


私達は普段と変わらないゆーくんを見て、特に心配していませんでしたが・・・・


 先生曰く ・・


   「この子は目からの刺激が入りやすいですね」


   それと・・・・・・・・・


       「元気がいいわけではない」


      「悪びれているわけではない」


      「落ち着きがないわけではない」


      「集中したいけどできない」


      「体が十分に動いていない」  


               ・・・・・・・・・・etc.


  もうやめてくれーーーーーーーーーーーーー


                       (心の準備もしていないのに・・・)


とどめは、


  「知能は3歳1ヶ月(その時は5歳9ヶ月)ですね」でした。


「私は医者ではないので、専門医に診てもらった方がいいですね」との事


この先生は、本当にはっきりいってくれますね・・・・


その夜、ちゃぶ台の前で妻と二人で、肩を落とし、へこんでいました。


すると、ゆーくんの肩車攻撃にあい、


   「がんばるぞーーー」になったのでした。


                                      (3/18のブログにて) 


気をとりもどし、書店で買った関連書を読みたどりついたのは「自閉症」の言葉でした。


  


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ←はげみになります。よろしくです。

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。